屋内型トランクルーム

空調設備が整っているところがほとんど

屋内型のトランクルームは、常に空調管理されている場合が多いです。そのため、温度変化や高い湿度などに弱い、デリケートなものの保管に向いています。コンテナを使用した屋外型のトランクルームだと、そもそも空調設備がなかったり、コンテナに隙間が空いていて、外的環境の影響を受けやすかったりします。その点屋内型のトランクルームは、建物に入ってから部屋に向かうまでに、いくつもの扉がある場合がほとんどなので、外の環境の影響はほとんどありません。デリケートなものを自宅や倉庫で保管する場合、24時間ずっと空調を付けっぱなしにするのは難しいです。そのような場合には、24時間稼働の空調設備がある屋内型トランクルームに保管しておいた方が無難です。

セキュリティがしっかりしているところが多い

屋内型トランクルームは、セキュリティ対策がしっかりしているところも多いです。建物の中に入ったり、契約している部屋のドアを開けたりするために、専用の鍵が必要である場合も珍しくありません。そして、警備会社と契約しているところであれば、万が一トランクルームの中に押し入ろうとした人がいた時には、警報が鳴ります。また、入り口や通路などに監視カメラが設置されていて、盗難被害があった際には証拠が残るようになっているところも多いです。さらに、建物の入り口にスタッフが常駐していたり、警備員が見回りをしたりする屋内トランクルームもあります。そういったところを選ぶと、大切なものでも安心して預けることができるでしょう。

レンタルコンテナを自宅外の収納スペースとして使うことで、自宅を広く使えるようになります。また、趣味のグッズを保管して、趣味部屋にだってできちゃいます。